【重要】製作機器メンテナンスによる納期変更のお知らせ

ご注文をご検討中のお客様へ

日頃よりカヴァリエリ公式オンラインストアをご利用いただきまして、誠にありがとうございます。

リング工房の製作機器類のメンテナンスにつき、
一部商品の納期に変更がございます。
対象商品、対象期間は以下のとおりでございます。

【対象となる商品】
・ARCHIVO SETTECENTO シリーズ(グランガレリア、アカンサス、ナポリ1735)
・デルフィオーレ

※2020/2/25(火)時点での対象商品です。
※現在対象となっていない商品もご注文状況等により、お時間をいただく場合がございます。
その際はご注文確定前に納期に関するご連絡を差し上げます。

【対象期間】
2020/2/26(火)〜3/17(火)までのご注文
→全て3/31頃の発送を予定しております。

お客様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。
この件につきましてご質問等ございましたら、お問い合わせフォームよりご連絡下さいませ。

Posted in ご案内, ストア関係Leave a comment

クリスマス等のプレゼントへご購入をお考えのお客様へ

カヴァリエリ シルバーリング 指輪
 

クリスマス等のプレゼントへご購入をお考えのお客様へ

カヴァリエリ製品をご利用いただきまして誠にありがとうございます。

プレゼントや記念日にカヴァリエリのリングをご検討中のお客様へ、ご注文とお届け日に関するお知らせでございます。

各商品ページにも記載のとおり、
カヴァリエリのリングすべてがオーダーメイドですため、
ご注文からお届け完了まで10日間ほどお時間をいただいております。
お時間に余裕を持って、早めのご注文をお願いいたします。

※お急ぎのお客様は、予めお問い合わせフォームよりご相談下さいませ。
可能な限り対応させていただきますので、一度ご連絡いただけますと幸いです。

Posted in ご案内, ストア関係Tagged , , , Leave a comment

新規取扱店「インペリアーレ・オンライン」のご紹介

インペリアーレオンライン カヴァリエリ 取り扱い店

日頃よりカヴァリエリ公式オンラインストアをご利用いただきまして、誠にありがとうございます。

この度、Kiton キートンやCesare Attolini チェザレ アットリーニといったラグジュアリーなイタリアブランドを取り扱うオンライン限定ブティック「インペリアーレ・オンライン」にてカヴァリエリ製品の取り扱いが開始されました。

「インペリアーレ オンライン」では、様々なラグジュアリーブランドのアイテムがイタリア直輸入価格にてお買い求めいただけます。
是非ご利用くださいませ。

IMPERIALE ONLINE インペリアーレ・オンライン
http://imperiale.jp

Posted in ご案内Tagged , , Leave a comment

カヴァリエリ・アクセサリーの特徴





カヴァリエリ ナポリ仕立てスーツと指輪

FOR THE REAL ELEGANCE

カヴァリエリのアクセサリーは、これまでのシルバーリングとは違います。
美しさを愛し、常に歴史への憧憬を忘れない人のためのモチーフ。
ライフスタイルにとけ込むような、シルバー本来の上品な輝き。
本物のエレガンスを知る人であれば、きっとこのコンセプトに共感していただけるでしょう。

1.高級感のある仕上げ

シルバー本来の上品さを生かした控えめの光沢感と、エッジの立った造形の美しさ。
絶妙な職人仕上げで、これまでにない洗練された雰囲気を生み出しています。

2.ジャケットやスーツに似合うリング幅

タキシードやスーツ、ジャケットからデニムまで全てに似合うリングを目指して、決して無骨すぎないように。
カヴァリエリのアクセサリーは大人の着こなしに似合う、上品で色気ある幅でデザインされています。

3.これまでにない精巧、繊細なモチーフ

シルバーアクセサリーとは思えない、まるでアンティークの彫金細工のように緻密で、芸術的なデザイン。
細部に至るまで精巧なモチーフは、単なる「高級品」を超えた価値を持つアクセサリーです。

4.イタリアファッションを引き立てる指輪

カヴァリエリのアクセサリーは、イタリアの歴史や文化に着想を得た装飾となっています。
上質なジャケットやスーツを着こなすイタリアファッションに、これ以上似合うリングはありません。

5.重ね付けが生み出す、新しい世界観

カヴァリエリのリングは単体で美しいのはもちろんですが、実は重ね付けをすることによって、新たな魅力を発見することができます。

カヴァリエリのアクセサリーはそれぞれが独自の装飾と造形を持っており、その様式が積み重なれば、まるで新しい建築様式が生まれるかのように、全く新しい世界観が生まれます。

これまでにないエレガントで洗練されたデザイン、カヴァリエリのアクセサリーを重ね付けすること。これは単なる自己主張ではなく、その人だけのスタイルを作り上げることなのです。

カヴァリエリ シルバーリング

Posted in コラム, ご案内Tagged , , Leave a comment

新コレクション“ARCHIVO SETTECENTO”販売開始しました

新コレクション リング アルキーヴォ・セッテチェント

日頃よりカヴァリエリ公式オンラインストアをご利用いただきまして、誠にありがとうございます。
この度カヴァリエリの新コレクション《ARCHIVO SETTECENTO》アルキーヴォ・セッテチェントを販売開始いたします。
《ARCHIVO SETTECENTO》とは「18世紀のアーカイブ」を意味しています。
ギリシャ・ローマの古典復興が盛んになり、ヨーロッパ中がイタリアに熱中した1700年代のモチーフをリングに取り入れた、歴史的なコレクションです。
ぜひ一度、ご覧くださいませ。

>>コレクション一覧

Posted in ご案内Tagged , , , , Leave a comment

2019年4月〜5月の大型連休に伴うお知らせ(お届け日等)

2019年4月〜5月の大型連休に伴うお知らせ(お届け日等)

日頃よりカヴァリエリ公式オンラインストアをご利用いただきまして、誠にありがとうございます。

2019年4月〜5月の大型連休に伴い、商品のお届けまで通常よりお時間を頂戴いたしております。

4/12(金)〜5/03(金)のご注文につきましては5/13頃の発送とさせていただきます。
5/4(土)以降は通常どおり、ご注文より10〜12日後に発送となります。

お客様にはご不便をおかけいたしますが、予めご了承下さいませ。

何かご不明な点がございましたら、お問い合わせフォームよりご連絡下さいませ。

Posted in ご案内Tagged , , Leave a comment

2019年バレンタイン送料無料キャンペーンのお知らせ

カヴァリエリ リング 車

日頃より当店オンラインストアをご利用いただきまして、誠にありがとうございます。

2019年のバレンタインキャンペーンといたしまして、
ご注文時にギフトコード「valentine2019」をご記入いただくと、
送料分を無料とさせていただきます!
キャンペーンは2019年2月14日中のご注文まで有効でございます。

大切な方へのプレゼントやお礼、もちろんペアリングにもおすすめです。
エレガントさ溢れるカヴァリエリのリングを是非贈ってみませんか?

※通常、ご注文からお届けまで10日ほどお時間をいただいております。ご注文は余裕を持ってお願い申し上げます。お急ぎの場合は予めお問い合わせフォームよりご相談をお願いいたします。

Posted in ご案内Tagged , , , , Leave a comment

イタリアファッションの起源と特徴は?

イタリアファッションの起源と特徴は?

カヴァリエリ リング ジャケパンの男性

今注目のイタリアファッションですが、その起源はどこにあるのでしょうか?
これについては雑誌等ではそれほど解説されませんが、今回はちょっと踏み込んでイタリアファッションについて考えてみましょう。

イタリアファッションが生まれた背景

イタリアはヨーロッパでも南に位置し、200年も前にはまだまだ後進国と言われていました。そもそもこの時代には、イタリアという国さえ存在せず、様々な都市国家が分立している状態だったのです。そんな時代に、最も進んでいた国がイギリス。イギリスは時代を先導する世界のリーダーでした。

そんなイギリスでは、ファッションに関心の高い国王が相次いで就任したことにより、宮廷を中心に優れた服飾文化が生まれていました。この時代は産業革命で生地の生産量も爆発的に増え、ファッションが栄えたのは必然とも言えました。

もともと宮廷の文化であった服も、だんだんインテリ層へと広がっていきます。
しかし全てのスーツをイギリスで仕立てるわけにはいきません。ロンドンのテーラーは国王や宮廷と密接な関わりを持ち、その関係での仕事をしていたために、仕立て代は非常に高額だったのです。

そこで注目されたのが、南ヨーロッパの仕立てです。もともとフランスの影響を受けて独自の仕立て文化が生まれていたピエモンテ州で、イギリス式のスーツが作られるようになるまでに長い時間は掛かりませんでした。

さらにイタリアには多くのイギリスの貴族がバカンスや、発掘された古代ローマ遺跡の見学などを目的に訪れていました。彼らと現地のサルトリアによって、イタリアの仕立て文化は驚くほどの進化を遂げます。

BRITISH ELEGANCE IS STILL ALIVE IN ITALIAN CULTURE.

独自進化していったイタリアファッション

イタリア ナポリ 海

イタリアは芸術の国です。すでに後進国となっていたとはいえ、かのルネッサンスの起こった土地であり、その前にはローマ帝国であった土地です。そこには非常に優れた感性を持つ職人も、数多く存在していました。
すると、冷涼な気候に合わせたイギリスの仕立てを、イタリア流にアレンジしようという動きが出てきます。それが、イタリア仕立ての始まりです。

さらにイタリアは先ほども紹介したように、数多くの都市国家が集まった集合体に過ぎませんでした。ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世によってイタリア統一が成された後でも、それぞれの都市の個性は失われて画一化されるどころか、より一層その特異性を際立てていたほどです。

すると今度は、イタリア仕立てというものも存在しなくなってしまいました。
北イタリアのミラノにはイギリスの仕立てに色濃く影響を受けたミラノ仕立てが生まれ、芸術の街フィレンツェにはフィレンツェらしいカーブとシンプルさにエレガンスを見いだすフィレンツェ仕立てが出来上がりました。

さらに特徴的なのはナポリ仕立てです。
アフリカにも似た暑い気候を持つ地中海都市でありながら、新古典主義の中心地となって高い文化度を誇ったナポリには、最高のエレガンスと、限りない軽快さという相反するものを融合させた、独特の仕立てが生まれたのです。

ナポリの服はより人間の動作にフォーカスしていたため、着心地の良さや動きやすさ、人が着たときの美しさなどが特徴となりました。
また南イタリアは北イタリアに比べ経済発展が遅れていたこともあり、贅沢にも全てを手縫いで行うという仕立て方法が一般的となりました。

各地方の代表的なサルトリアは以下の通りです。

イタリアの代表的な仕立て屋

ミラノ仕立て

Sartoria Campagna サルトリア・カンパーニャ
Domenico Caraceni ドメニコ・カラチェニ(上と同一)
Franco Prinzivalli フランコ・プリンツィバリー

フィレンツェ仕立て

Sartoria Seminara サルトリア・セミナーラ
Liverano & Liveranoリベラーノ・リベラーノ
Luigi P Cappelliルイジ・パオロ・カペッリ

ローマ仕立て

Brioni ブリオーニ
Gaetano Aloisio ガエターノ・アロイジオ
T&G Caraceni トミー&ジュリオ・カラチェニ

ナポリ仕立て

Rubinacci ルビナッチ(ロンドンハウス)
Antonio Panico アントニオ・パニコ
Sartoria Costantino サルトリア・コスタンティーノ
Gennaro Solito ジェンナーロ・ソリート
Sartoria Ciardiサルトリア・チャルディ
Sartoria Sabino サルトリア・サビーノ
Sartoria Dalcuore サルトリア・ダルクォーレ

シチリア仕立て

Sartoria Crimi サルトリア・クリーミ

他にもたくさんの魅力的なサルトリアがありますが、割愛させていただきます。

イタリアファッションの色彩と美的感覚

イタリアファッション ジャケットとオリーブ カヴァリエリ

イタリアファッションを語る上でもう一つ欠かすことが出来ないのが、イタリアの色彩と美的感覚です。
私たち日本人がイタリアファッションに惹きつけられる大きなポイントが、彼らの色彩です。大胆に組み合わされる個性的なカラー、イタリアの生地だけが持つ美しい発色、そしてイタリア革製品の表情豊かな風合い。これらが絶妙にマッチして、イタリアにしかない独特のコーディネートが生まれています。

こういった色彩感覚は、イタリアならではです。イタリアファッションの元となったイギリスにも、もちろん独自の色彩感覚はあります。しかしイギリスでは色彩といえばネクタイやシャツで取り入れることが多く、スーツやジャケット自体に色彩を求めることは多くありません。
ちょうどロンドンのシックな色の街並みの中で、お店のショーウィンドウの中だけが色彩豊かにコーディネートされているように、ダークでクラシカルな色合いのスーツの中で、ネクタイとシャツだけが鮮やかに着こなされるのが、イギリス紳士の服装の常です。

しかしイタリアは色鮮やかです。イタリアを感じさせる澄んだ空や地中海の青。広葉樹林やオリーブのグリーン、ブラウン。モルタル造りの明るいベージュに、焼きレンガのオレンジや赤。海岸沿いの街並みのパステルカラー。このように、イタリアが実に様々な色に満ちあふれているからこそ、イタリアファッションは色鮮やかなのです。

イタリアのさんさんと降り注ぐ日光の元に好まれるスーツは、ネイビーやチャコールだけでなく、ベージュやライトグレー、休日であればアイボリーや水色などになるのです。

いかがでしょうか。
今回はイタリアファッションの起源や特徴について紹介しました。
イタリアの各都市に息づくサルトリア文化、そしてイタリアならではの色彩。言葉では語り得ない魅力を、ぜひ体感してみてください。

Posted in コラムTagged , , , , Leave a comment

南イタリアの至宝、ナポリ仕立てシャツ魅力とは? 隠れた人気ブランドも紹介

南イタリアの至宝、ナポリ仕立てシャツ魅力とは? 隠れた人気ブランドも紹介

フランチェス・コメローラの工房 シャツ

イタリアには非常に多くのシャツブランドが存在します。まさにシャツブランドと呼ぶべき大きなブランドはもちろんのこと、むしろシャツ工房と呼ぶのがふさわしい小さなブランドまで、実に様々です。しかしそれらのシャツブランドには共通して言えることが一つあります、それは「世界を魅了している」こと。
イタリアのシャツへの人々の思いは特別です。
軽やかで柔らか、イタリアならではのしなやかで色鮮やかな生地選びと極上の仕立てが相まって、イタリアのシャツは他のどの場所でも見られないような独特な世界観を持つ逸品となっています。

そんな中でも特に個性的と言われ、ファッション好きの男たちが愛してやまないのがナポリのシャツ。
手縫いを生かしてナポリのサルトリアが生み出す芸術品のようなジャケットやスーツは、ナポリ仕立てと呼ばれてつとに有名ですが、最近ではシャツもまた非常に注目され始めています。

何よりも特徴的なのは、ハンドメイドすなわち手縫いでシャツを縫い上げていること。袖付けのみ手縫いであったり、ほぼミシンを使わない丸縫いに近いものであったりとその程度はブランドにより様々ですが、手縫いで仕立てられるシャツというのは、世界でも希有な存在です。
今回はそんなナポリ製シャツの魅力に迫っていきましょう。

ナポリのシャツは、天使の羽衣

アンナ・マトッツォ シャツ マニカカミーチャ width=

ナポリで作られるシャツと言っても、シャツ工房によって仕立ては千差万別。ナポリという都市に息づく多様性がそのまま服に込められているかのように、ナポリのシャツも多様です。しかし共通していることが一つ、それはまるで羽のように軽い着心地であるということです。

ナポリのシャツには、様々な場所にギャザーが入っていることが多いですが、これはギャザーを取ることによって、人が動いたときの可動域を広げているからです。もちろん見た目に美しいということも忘れてはいけませんが。

その他にもナポリのシャツは常に動きを見据えてデザインされていることが見て取れます。
例えば袖の長さ。我々日本人が「イタリア人は手が長い」と言いながら勘違いな注文をしない限りは、ナポリのシャツはずいぶんと余る袖の長さで仕立てられることが殆どです。

袖口でカフのボタンを留めると、手首のところにたっぷりとした生地のふくらみが生まれます。これが実にエレガントな雰囲気なのですが、実はこれも動きやすさのため。
長過ぎるように見える袖の長さは、人が腕を上にあげたときにぴったりになる長さです。すなわち、腕をぶんぶんと振り回したとしても、ナポリ仕立てのシャツでは袖が突っ張ってしまうことがないのです。

またナポリのシャツは他の地域のシャツに比べ、アームホールが小さい場合が多いですが、それも身体の動きに合わせてシャツがついてくるように工夫された結果です。
このようにして様々な工夫が加えられたナポリのシャツは、まさに天使の羽衣とも言うべき着心地の軽さ、柔らかさを持っています。

なぜナポリの人々がこれほどまでに着心地を無心に追求しているのか?それはロンドンやミラノに比べて、ナポリが非常に暑い場所だからでしょう。暑いところで着心地の悪いものを着るのは大変なことです。

そのシャツの美しさが分かれば、ナポリ人

shirts

さて、先ほども書いたようにナポリのシャツには至る所にギャザーが寄せられています。まるでレディースのクチュール仕立てのように、色々なところが波打っているのです。
またナポリのシャツは手縫いで仕上げられている部分が多いために、どこもかしこも波打ったような、しわの寄ったような独特な雰囲気になっています。手縫いのステッチはミシンのように連続せず、いくらピッチを狭くしても隙間があるため、そこで生地のしわが発生するのです。
これらを美しいと感じるのであれば、あなたはナポレターノでしょう。

ナポリ仕立てのジャケットやスーツにも言えることですが、ナポリで仕立てられる服の多くは、ハンガーに掛けたときは「端整」とは言えない外見となっています。そこにはシワがあり、ムラがある。しかし目が慣れてくると、それがこの上なくエレガントに見えてくる。人の動きを考えたことで生まれたその雰囲気に、日本の侘び寂びに近い優雅さを感じるのです。

ナポリの代表的なシャツブランド

・Luigi Borrelli ルイジ・ボレッリ …… 最も有名なカミチェリアで、世界的なブランド。
・Barba バルバ …… キートングループのシャツブランド。袖付けのみ手縫いで行うが素晴らしい着心地。
・Anna Matuozzo アンナ・マトッツォ …… ナポリで伝説的と言われる女性職人のカミチェリア。
・Luciano Lombardi ルチアーノ・ロンバルディ …… 最も伝統的なナポリシャツとも言える、シャツ工房。
・Buonamassa ボナマッサ …… ほぼ全て手縫いで仕立てられるナポリらしいシャツ。
・Piccolo ピッコロ …… ナポリのキアイア通りにあるスミズーラ専門のシャツ工房。素晴らしい出来映え。
・Vincenzo di Ruggiero ヴィンツェンツォ・ディ・ルッジエーロ …… 最近セレクトショップで人気なブランド。
・Francesco Merolla フランチェスコ・メローラ …… ナポリのシャツ工房。個体差があるが、着心地の良いシャツ。
・Ciriello チリエッロ …… 大手ブランドの下請けをしている実力派のシャツブランド。
・Errico Formicola エッリコ・フォルミコラ …… 新しいブランドだが、ハンドメイドラインが美しい。
・Finamore フィナモレ …… 最近はカジュアルラインに力を入れている有名シャツブランド。
・Salvatore Piccolo サルバトーレ・ピッコロ …… カジュアルで独特なシャツで人気のシャツブランド。

シャツも展開している有名ブランドは以下の通りです

・Cesare Attolini チェザレ・アットリーニ …… ナポリを代表するサルトリア・ブランド。シャツも大変素晴らしい仕上がり。
・Kiton キートン …… 最高級の既製服ブランド。ややゆったりとしたシルエットのシャツを、手縫いを駆使した仕立てにて。
・Rubinacci ルビナッチ …… ナポリ仕立ての聖地と言われるサルトリア。キアイア通りのブティックでシャツもオーダーができる。

いかがでしたか。
今回はナポリ仕立てのシャツについてご紹介いたしました。
もし一度ナポリのシャツを手に取れば、その美しさに魅了されることでしょう。

Posted in コラムTagged , , , , , Leave a comment

メンズアクセサリーを身につけるときの基本

ベルルッティ カヴァリエリ シルバーリング

メンズアクセサリーを身につけるときの基本

カヴァリエリ公式サイトに訪れる皆さんはきっと、エレガントなスタイルで装うお洒落な人たちでしょうから、今更解説する必要もないかもしれません。そうはいっても、せっかくカヴァリエリのアクセサリーを手にしていただけた方には、素晴らしいスタイルでそれを身につけていただきたいものです。
そのためには、いくつかのポイントを踏まえていただければ、非常にエレガントな身につけ方ができるはずです。皆さんのスタイリングをお手伝いするため、今回はカヴァリエリの視点で、メンズアクセサリーを身につけるの基本を解説していきます。

シルバーは、シルバーと合わせて

チェックジャケット シルバーリング イタリアファッション

メンズのアクセサリーにおいてシルバーのリングは大変存在感のあるものです。そのシルバーを際立たせるためにはまず、その他の「金属製アクセサリー」の色に注目しましょう。

まずは腕時計ですね。現代では腕時計は品の良さを重視してシルバーのものが一般的ですが、ゴールドのパーツを使用した物も少なくはありません。特にレザーのベルトを採用している時計では、ゴールドも積極的に使われています。

ベルトの金具。バックルは上質なものであれば、シルバーか真鍮の金具が使われることが殆どです。
他にはカフリンクスもアクセサリーとしてはかなり定番です。日本ではカフスボタンと呼ばれることも多いでしょう。またスーツスタイル、ジャケパンスタイルではタイピンを愛用している人も少なくないはずです。

意外にも見落としがちなのが、バッグや靴の金具です。モンクストラップのシューズには金具がついていますが、シルバーのものとゴールドのものはおよそ半々と言っても過言ではありません。またバッグの金具も色は様々です。

こうした金属製アクセサリーや、アクセサリーの金属を用いたパーツの色をリングに合わせて揃えていくと、着こなしはぐっとエレガントになります。カヴァリエリのリングは磨き込みすぎずに、銀ならではの上品な風合いを残したシルバーです。このシルバーが最も相性が良いのは、やはりシルバーのアイテム。ベルトやバッグなどをシルバーで合わせていくと、ハイセンスな印象です。

メンズアクセサリーとスーツの相性

ストライプスーツ シルバーリング 男性

もしあなたがこれからお客様のところへ営業に向かうところであれば、リングは一旦取り外してジャケットの内ポケット、特にシガーポケットにしまっておくのが良いでしょう。なぜならば営業では、主役はお客様である必要があります。また大事な商談の際にも、メンズのアクセサリーは取り外しておくと良いでしょう。商談の際に趣味趣向があるものを身につけることは、隙を作ってしまうことだからです。

ついでに紹介するのであれば、商談や大事な打ち合わせの際のネクタイはピンドット柄のものを選ぶのが一番です。ソリッドよりも存在感に落ち着きがあり、控えめ主張でクラシックな印象を持つピンドット柄のネクタイには、安心感があります。

しかしもしあなたが、コットンやリネン、カシミアやシルクにウールといった素材の混紡生地を使用したカジュアルなセットアップスーツを着て週末の街へと繰り出すのであれば、カヴァリエリのリングはこの上ないアクセサリーとなるでしょう。シルバーのアクセサリーはカジュアルなスーツと特に相性が良く、その着こなしがカジュアルであることをより印象付ける役割を持ちます。

またあなたがデザイナーやアーティスト、そういった自由な発想力を生かした仕事をしている人であれば、それがドレッシーないしはビジネスライクなスーツであったとしても、シルバーリングは非常にエレガントなアクセサリーとなるでしょう。
スーツにシルバーリングを合わせること、それが認められる仕事であることを誇りに思い、堂々とシルバーリングを身につけるべきです。

メンズアクセサリーは、光らせすぎないこと

カヴァリエリ デルフィオーレ メンズアクセサリー

カヴァリエリのリングは先ほども紹介した通り、シルバーの上品さが際立つように甘く磨いた仕上げとしています。もちろんシルバーを磨きに磨いてきらきらと光らせることは簡単です。むしろ銀の上品さが損なわれないように絶妙に加減をしながら磨く方が、ずいぶんと難しいのです。

なぜカヴァリエリがそれほどまでに、銀の自然な光沢にこだわるか。それはメンズのアクセサリーが、光らせすぎないのが鉄則であるからです。ちょうど革靴の磨きと同じです。イタリアのお洒落な男たちが常に革靴の先端だけを磨き込んで光らせ、その他の部分を控えめな光沢に抑えているのと同じく、シルバーのアクセサリーもまた、控えめな光沢に留めることが大事なのです。

かといってシルバーが汚れていてはいけません。
コツは何も付けずに柔らかい布でシルバーリングを日頃から磨くこと。これはスーツや革製品のブラッシングと同じように、シルバーリングの表面を綺麗に保ち、自然な美しい光沢を保つことができます。
シルバー磨きも汚れや曇りが目立つときには少量使用すると良いでしょう。ただしこれを使って磨きすぎることは、革靴にワックスを塗りすぎるのと同じです。銀ならではの上品な光沢が損なわれない程度に、磨きましょう。

いかがでしょうか。
これらは基本的なことではありますが、常に意識することで人一倍エレガントなアクセサリーの着こなしができるでしょう。

Posted in コラムTagged , , , , Leave a comment